ご覧いただきありがとうございます。
元八王子女子→千葉県我孫子市在住2人暮らしカップル
東京都内、東葛地区中心のグルメブログです。
※たまにグルメ旅の記事有り。
感想やお問い合わせは、インスタグラムTwitterへお願いいたします。

楽天ROOMでオススメ紹介中♪

【八王子女子グルメ旅in草津】「湯川テラス宿泊記」(1日目)

とんかつ
スポンサーリンク

【「湯川テラス」とは】

2020年4月30日にオープンしたばかりのホテルです。
老舗旅館の「奈良屋」さん系列のホテルです。
他にも湯畑近くの「草庵」、
湯畑から結構離れたところにある「草津ナウリゾートホテル」も
同系列のホテルです。

オープンしたてで口コミや写真などの情報がほぼありませんでした。
予約前にわかっていた情報は以下です。

・2室限定
・源泉掛け流し風呂付き
・1階と2階にカフェ&レストラン有り
・駐車場はないが、草津ナウリゾートホテルの駐車場を無料で利用可。湯畑までの無料シャトルバス有り。

【なぜ「湯川テラス」に宿泊したのか】

情報が少なかったのに宿泊を決めたのは以下の理由からです。

今回は楽天ポイントが貯まっていたので

楽天トラベルで予約することに決めていました。

素敵な宿がたくさんありましたが、
宿を以下に絞りました。

朝食が美味しい草津温泉 山本館

全室専用の貸切風呂がある草津温泉 益成屋旅館

比較的新しくてモダンな草津温泉 綿の湯 草津ホテル別館

オープン記念価格の湯川テラス

予約がギリギリだったので、山本館は予約できませんでした。
益成屋は4万近くする。。。
綿の湯は湯畑から少し遠い。

湯川テラスは通常価格は益成屋と同じくらいなのですが、

オープンしたてということで、特別価格のキャンペーンをしていました。

そこで今回は「湯川テラス」に宿泊してみることにしました。

【草津温泉旅行記1日目】

お昼前に東京を出発。
今回は自家用車で行きました。

草津温泉に向かう途中でランチをとることに。
沼田の「そば源」さんでいただきました。

そして、湯もみショーに間に合うよう
少し本屋に寄り道して草津温泉へ。

草津ナウリゾートホテルの駐車場が無料で利用できるとのことでしたが、
荷物とか時間とかめんどくさいので、湯畑に一番近い
湯畑観光駐車場に停めました。

湯畑まで下り坂で徒歩5分ほどです。

○チェックイン

さっそくまずは

湯川テラスにチェックイン。

事前にお支払いは済ませていましたが、
ここで入湯税一人150円を支払います。

残念ながら急いでいてホテルの外観を明るいうちに撮り忘れました。

3階にお部屋があり、エレベーターで行けます。
2部屋あるうちの今回は「つつじ」というお部屋。

ネットで見たときは写真がなく、狭いのかな?
と思っていたけどそんなことなく十分広いです。

ベッドの隣に3人くらい座れそうなソファーがあって
お部屋で十分くつろげました。

写真には写っていないベッドの向かい側には
荷物置きのような棚があり、
荷物をたくさん置けました。

窓が広くとても開放的です。
窓からの眺めは現在工事中のため工事現場が見られました。笑
下の足湯も見えます。

○山本館 日帰り入浴へ


お部屋でゆっくりしたいところでしたが、
急いで山本館の日帰り入浴へ。

本当は宿泊したかったところなので、
日帰り入浴だけでもと思い行きました。

受付で支払いをし、
玄関を入って右手の通路を進み、
右手の階段を降りると温泉があります。

温泉の写真等は公式HPをご覧ください。

草津温泉山本館-公式サイト – 草津温泉 和風旅館 山本館
草津温泉 和風旅館 山本館

入浴可能時間11:30~15:00
入浴料1,000円(和風村手形持参の場合700円)

お掃除後だったからか、お湯が透明でした。
おそらく一番風呂。
温泉はお湯が酸素に触れて酸化することで白っぽくなります。
まだ透明ということは新しいお湯だったのかなと。

熱めのお湯で気持ち良かったです。

○湯もみショー

最終の16:30からのショーに間に合いました。

料金は一人600円です。

15分〜20分程度のショーなので、
気軽に見られるし、初めての方にはオススメです。

公演時間等は公式 HPでご覧ください。

草津温泉 熱乃湯
草津 熱乃湯 公式サイトです。

○足湯カフェで休憩

事前にインスタで調べてて、
行きたかったカフェへ。

草津温泉 湯畑草菴(そうあん)に併設されているカフェです。

今回宿泊したホテルの系列です。
正面がお土産屋さんで写真の右手の通路を進むと
足湯カフェがあります。

先にお店に入って注文すると
店員さんが足湯まで持ってきてくださいます。

足湯の上には傘があり、
女子が好きそうな雰囲気♡

足湯に浸かりながら
ソフトクリームとチーズミルクティーをいただきました。

ちょっと熱すぎたので、長時間は入れず、
残りはテイクアウトしました。

ちなみにこちらのお店を出ると
目の前に公衆足湯があります。


湯畑を見ながら入ることができて無料なのでオススメ。
温度も適温です。

○西の河原露天風呂へ

次は散歩も兼ねて、西の河原露天風呂へ。

宿泊している湯川テラスを通り過ぎ、
泊まりたかった綿の湯方面へと歩きます。

このように歩き続けます。

流れているのは温泉で、湯気が出ている箇所もあります。

少し上り坂になっている道を道なりに歩き続けると、ようやく到着。

 

-草津温泉-西の河原露天風呂|トップ
草津温泉西の河原露天風呂。総面積男女あわせて500㎡を誇る日本有数の大露天風呂!夏には新緑、秋には紅葉、冬には雪見風呂と四季折々の自然を360°感じながら、湯に抱かれる最高の空間をぜひご堪能ください。

↑公式HPです。

営業時間短縮していたので、
HP等で時間を確認してからいくことをお勧めします。

料金は600円程度でした。

広めの脱衣所を抜けると、広大な露天風呂。
景色は山。
とてもシンプルで洗い場はありません。

広いのでお湯は温かったです。
奥のお湯が出ている方に行くにつれて熱くなります。

泳げるくらい広くて、泳ぎたかった。
自然いっぱいの中にあるので、少々虫やゴミが浮いてます。
虫嫌いだから気になったけど仕方ない。

そして、なんと金曜日は混浴デーです!!!笑

ポカポカになりました。
また歩いて戻ります。


ホテルに戻り、ようやくお部屋のお風呂へ。

こう見えて結構深くて長い。
足もラクラク伸ばせました。
窓全開だったのでブラインドを下ろして入りました。

ちょっとゆっくりして夕食へ。

○夕食「とん香」へ

夕食は食べログで探したお店「とん香」へ。
ホテルから歩いて行ったので登り坂で大変でしたが、
美味しくいただきました。

○湯川テラス1階のレストランへ

お腹いっぱいになったので、お部屋の下のレストランで一杯。

メニューはこんな感じ。
お料理は少し割高かな。

お酒もあったので、一杯だけ注文しました。

梅酒とハイボールです。

1階でも2階でも飲めます。
1時間以上読書しながらゆっくりしました。

お支払いをして、お部屋に戻ってまた少しゆっくり。

夜の温泉巡りへ行きます。

○白旗の湯へ

「白旗の湯」は湯もみショーをしている熱乃湯の
近くにある公衆浴場です。

観光客だけでなく、地元の方もいらっしゃいます。

扉を開けるとすぐ、脱衣所と浴槽があります。

ここのお湯はかなり熱かったです。
5分で上がりました。
ただで入れて気持ち良くて最高!

○地蔵の湯へ

温泉をはしごします。

湯畑からちょっと脇道に入ったところにあります。

こちらも無料の公衆浴場です。

22:00までですが、ギリギリ21:50に到着。
急いで入りました。


温泉たくさん入ったので5分で満足。

22:00になるとお掃除の方がいらっしゃいました。

○ホテルへ帰宅

夜の湯畑を通ってホテルへ。

夜のホテルの外観はこんな感じ。

3階部分がお部屋で、
ちょうど宿泊したお部屋の窓が映っています。
窓が開いている部分はお風呂です。

見えている部分の窓全てが客室なので
横長な客室で広いことが分かりますね。

ようやくホテルでゆっくり。
お部屋のお風呂にゆっくり浸かって
一日の疲れを取りました。

ちなみに外が真っ暗になっていて、
お風呂の窓を開けっぱなしにしていたので、
小さい虫が明かり目掛けてたくさんお風呂に入ってきてました。

夕方には窓を閉めておいてください。

チェックインしたときに窓が開いてたから
閉めるの忘れちゃった。

1日目にしてかなり温泉入りました。

振り返ると、
・山本館
・西の河原露天風呂
・白旗の湯
・地蔵の湯
・湯川テラスの客室(3回)

短い時間で草津温泉を堪能できました!
1日目で確信した。
湯川テラスに泊まって良かった!!!


そして二日目に続きます。

タイトルとURLをコピーしました